最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

« 試しに切ってみた?「大連立」カード | トップページ | 元さやとさや当てと »

2007/11/05

小沢一郎流

いやいや、昨日の今日とは言いながら、小沢一郎民主党党首が辞意表明ですか。

まあ、これが小沢一郎流なのかもしれないけど。
とはいえ、ここで「作っては壊し」なんて言うそこら辺のマスコミが言っているキャッチフレーズを使うつもりは毛頭ない、というか微妙に視点がずれているかな、と。
よく言われる「小沢一郎流=作っては壊し」っていう表現、あまりにも安直とは言いながら、実際結党から党解散まで独断専行で決めちゃっていたからという印象があるのかもしれないけど、今回に関して言えば小沢一郎らしからぬ「風の読み間違い」なのかな、と。

今回の場合、民主党は(もちろん小沢流の選挙戦略があったのは事実だけど)明らかに反自民の期待値が高まって参議院選挙に勝利したというのは紛れもない事実だろう、と。で、小沢は「(独断専行型の)安倍前首相が留任ならそのまま衆議院解散まで持ち込んで政権は取れる」って踏んでいたところ、きわめて中途半端なタイミングで安倍前首相が退陣しちゃって、調和型の福田首相が誕生しちゃった。

ここで小沢はものすごく焦っただろうと思うんですよね。
調和型(多少悪い言い方をすると「根回し型」)の福田政権が誕生しちゃったもので、前政権の時のようないわゆる「エラーによる得点」というのが望みにくくなったのと同時に、「やけのやんぱち解散」的な事象が生まれにくくなった(何せ衆議院では「何でもできる」2/3の議席を確保しているわけですから)。
すると、今の衆議院と参議院の立場を考えれば積極的に手の出しづらい状況が生まれてきちゃったかな、と。しかしながら何らかの成果が得られないと民意がそっぽを向く可能性もあるわけで、そこで何らかの成果を得る方策を…と考えていたところに自民党からの申し出があって…ということなんだろうかな、と。

で、これまでの「永田町の風」の読みからすれば今回の作戦はある意味ありなんだろうけど、いかんせん「永田町の外の風」、すなわち民意がそこまで性急な成果を求めていたかどうかというのを読み違えた可能性があるかな、と。せっかく「給油問題」とか「年金問題」とかで選挙後もヒットポイントを上げているタイミングで、自民党の根回しに乗りかかっちゃったというのはなかろう…と(これだけで相当印象を悪くした可能性はある)。
さらに加えて、「自衛隊による恒久的な国際貢献」という小沢一郎のライフワーク(言ってみれば小泉純一郎にとっての「郵政民営化」みたいなものか)が実現できる可能性がある「えさ」を蒔かれたとなっては、これはもう飛びつかないわけにはいかない…ってことなのかなぁ、なんて考えるのだけど。

もちろん、小沢一郎だって壊そうと思って壊しにかかっているわけじゃないだろうとは思う(このあたりが、自民党と組織を壊そうと思って壊した小泉の違いかもしれない)し、今回の直前までは相当慎重に事を進めてきたのが、ここにきて党首としてのメンツを傷つけられたと感じて党を壊しにかかっているのは、やっぱり「安倍前首相のハプニング退陣」で小沢流を持ってしても読みが狂ってしまったのかなと考えるのが、まあ自然なのかなという気はする次第。

もしここで民主党が「党内一致」で持ちこたえることができたら、次の衆議院選挙がいつになっても、そこそこの議席は確保すると思うんだけど(何せ選挙ノウハウは小沢党首から地方組織に伝授済みでしょうから)、自然崩壊しちゃったら、やっぱそれまでかな…というよりも、結局自民党を肥えさせるだけでおしまいの可能性が高いかなぁと。

果てさてどうなることやら。

« 試しに切ってみた?「大連立」カード | トップページ | 元さやとさや当てと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15366/16981746

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎流:

« 試しに切ってみた?「大連立」カード | トップページ | 元さやとさや当てと »