最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

« 阪神優勝報道を見て憂う | トップページ | 村上ファンドは阪神タイガースを上場できるか »

2005/10/04

「のまネコ騒動」から見えてくるもの

オゾン「恋のマイアヒ」のヒットに端を発したのまネコ騒動。
ここにきて、やれ「社長宅に放火予告」だの、偉く物騒な側面がクローズアップされているんですけど、今回の一件に関する一連の報道と出来事を見ていると、2chに関する、ある2つの大きな側面が見えてくるような気がするんですね。

一つは、2chそのものが抱える大きな自己矛盾、
もう一つは、2chに対するメディア(特にペーパーメディア)のスタンスです。

まず、2chそのものが抱える大きな自己矛盾というのは、ものすごく端的に言えば「著作権に関する2chの立場」とでも表現できようかと思います。
今回の一件、「恋のマイアヒ」のプロモに登場する「のまネコ」というキャラクターが、2chで頻出する「モナー」というキャラクターに酷似しているというところがそもそもの始まりである(実際、初めて「のまネコ」を見たとき、「モナー」を使って著作権大丈夫かいな?と心配になったのも事実)のですけど、それまでフリーに使われていた「モナー」に酷似したキャラクターで登録商標を取得して、グッズなど収益事業に使おうというのは、心情的にはいかがなものかという気持ちがあるのはよくわかるんですよね。

ただ、逆の見方をすれば、ではそもそも「モナー」をはじめとして2ch上の発言なりアスキーアートに著作権は存在するのか?というところでもあるわけなんですよね。
著作権が存在しないからフリーで使えていたというのは一つの考え方であるのですけど、もしもそうだとすれば、仮に掲示板の外で今回のようなグッズ化などの動きや、パロディー化(という表現が適当かどうかわかりませんけど、敢えて多少の揶揄を込めて)の動きがあったとしても、そもそもの著作権が存在しないとすれば、そういった動きを著作権を楯に食い止めることは(少なくとも法的には)困難ということにならないのかな、っていうのが率直な感想であり、疑問であるんですよね。
そもそも2chはユーザーの自由と自主性を重んじるあまり、こういう法的な側面に関して相当にアバウトな面があり(だからひろゆき氏がこういう公開質問状を書くのだろうとも思いますし)、そういった観点からいっても、2ちゃんねらーの行為や行動はあまりにも感情的すぎるし、もっと2ちゃんねらーに、今回の騒動を軽く笑い飛ばせるくらいの余裕をもってほしいよなというのが、元ネットワーカーの自分の客観的感想でもありますし、逆にこういう書き込みがクローズアップされているうちは、2chはメジャーなメディアにはなりがたいのかなという感想も持っています。

で、もう一つの側面、2chに対するメディア(特にペーパーメディア)のスタンス。
今回の一連の報道に関する記事の記述を見ていると、全体のテイストとして『ほーら、だから2chの世界はアンダーグラウンドで恐ろしいんだよぉ~』という気持ちがありありと伺えるんですよね。つまり、現在ペーパーメディアが恐れているのは、ネットですべての情報を能動的に収集できるという現在そしてこれからの状況ではなかろうかと思うんですよ。
これまでは、いわゆるマスコミがありとあらゆる情報の主導権を握り、自分たちで情報の善し悪しを取捨選択できていた訳なんですよね。ところが、ネット時代に移ると、とにかく様々な見方の情報を収集できるようになり、自分で情報の善し悪しを取捨選択できるようになってきた訳なんです。さらには、情報の鮮度という面からいえば、毎日朝(と夕方)にだけ情報が伝わってくる新聞と比較しても、更新頻度を一日に何度も設定できるネットにかなうはずがない、ましてや週刊誌などと比べると…という状況担ってしまっている訳なんですね。
そんな中で、2chのように玉石混淆(しかも石の方が圧倒的に多いですが)ながらも、きわめて膨大な量を誇る情報源というのは、ある意味でペーパーメディアにとっては脅威に違いなかろうと思うんですね。そう考えると、2chに対抗しようとすると、情報源としての信頼度と社会性をアピールするぐらいしかなかろうと思うんです。
まあ、2chを舞台の一つにした反社会的事件(佐賀のバスジャック事件とか、神戸の連続児童殺傷事件とか)があったのも事実ですけど、ここまで2chの反社会性を強調するのもいかがなものかな…という感想を持っているのもまた事実でもあります。

ま、一言で言っちゃうと、どっちもどっちって感じがするんですけどねぇ…

【追記:10/9】
少々反応が遅くなったけど、金曜日のミュージックステーションにオゾンが出演し、それに対して抗議電話が60本ほどかかってきたらしい。
いくら何でも、それは言いがかりじゃないの?って気持ちの方が強いんですけどねぇ…
こういうことをクローズアップされると、また「だから匿名掲示板は…」ってことにならないか心配ですけど。

« 阪神優勝報道を見て憂う | トップページ | 村上ファンドは阪神タイガースを上場できるか »

コメント

      /\
    /   \  今このとき――
   /∧_∧ \    我々は立ち上がる――
 /( ´∀`)  /\
 \(    ) /  \    >
   \    /       \
    \/         \
          ∧∧∧∧\
         (  ´/) ))ヽ∧
         /   /  / ´∀) ∧∧
       ○(   イ○  (   ,つ, ,゚Д゚)
       /ヽ  )) ヽ  )ヽ )と  , イ
       (_/(_/(_/(_/ノ(_/⊂ノ> )J
   / ̄Y ̄`|/ ̄^Y ̄ヽ/ ̄ ̄Y `´ ̄\

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15366/6243115

この記事へのトラックバック一覧です: 「のまネコ騒動」から見えてくるもの:

» のまネコ問題、未ダ解決セズ -X- [闇 ノ 覇 者]
TB先を探して検索して回っていると、「のまネコ問題は終わった」とか「終結した」と 大法螺を吹いているブロ グやHPを見るが、2005年10月12日に犯罪企業エイベックスで出 された、的外れな公式見解の何処が解決したと勘違い出来る所なのだろうか? 元はと言えば....... [続きを読む]

« 阪神優勝報道を見て憂う | トップページ | 村上ファンドは阪神タイガースを上場できるか »