最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

« 「のまネコ騒動」から見えてくるもの | トップページ | 影の薄くなった「郵政民営化」 »

2005/10/08

村上ファンドは阪神タイガースを上場できるか

M&Aコンサルティング、通称村上ファンドが、その関連会社を通じて阪神電鉄の株式買い増しを行い、阪神に対する株主提案を行っているというニュース。

ニッポン放送の一件以来こういうニュースが何度もクローズアップされ続けていますけど、今回の場合ちょうど阪神タイガースのセリーグ優勝と重なった時期の出来事だっただけに、特に注目を浴びていますな。しかも、今回の一連の動きというのは村上ファンドのような能動的投資ファンドのやりそうなことだとは思うのですけど、フジテレビといい今回といい、一方の当事者にエンターテイメント性がある(企業が変なことをやっているというわけではなくて、エンターテイメント業界に携わっているという意味で)と、ネタにしやすいというのはあるんでしょうな、やっぱり。

企業の側から見ると、ニッポン放送の件を受けて、大手企業がいわゆる「防衛策」に走る中で、阪神の場合まさか関西の一ローカル民鉄である(しかもいわゆる「大手私鉄」の中では営業距離も下位に位置する)自社がねらわれるとは思っても見なかったというのが正直な感想なんでしょうね。
企業の抱えるスポーツコンテンツ(野球やサッカーのプロ球団とか実業団チームとか)は、多くの場合は企業の広報活動の一環ととらえられる場合が多いのですけど(読売ジャイアンツなんかはその典型でしょう)、阪神の場合は親会社の広報活動以上に、地元に根付いた存在としての立場があるので、そこに目をつけたというのが今回の投資基準になっているんでしょう。
もっとも、そう考えると、広島カープやJリーグの浦和レッズとか同様の投機対象にもなりそうなんですけど、前者は親会社と呼べる存在がいない、後者は親会社が大きすぎるというのがありますんで、そういう意味では、親会社がはっきりしていて規模が大きくない、それでいて子会社に熱狂的なファンがいる阪神というのは、投機にうってつけの存在だったというのはあるのかもしれませんが。

でもって、村上ファンドの行っている阪神タイガースの上場という提案。個人的には悪くないんじゃないかなと思うんですけど、タイガースそのものが投機対象、あるいは乗っ取りの被害に遭う可能性というのは確かに否定できないかと。アメリカの実業家に実質的に乗っ取られたマンチェスターユナイテッドの例もありますし。
であれば、そういった策を防ごうと思ったら、乗っ取られないだけの株式をどこかに確保しておけばいいのではないかと。つまり、阪神電鉄が過半数、だいたい55%ぐらいの株式を売却を前提としない株式として固定保持する、あるいは投機的売買を行わない(あるいは積極的な売買が行えないであろう)地元自治体、たとえば大阪府と兵庫県、西宮市あたりに株式を譲渡するというのも手ではないか、と。
まあ、いずれにしても、某球団の元オーナーのように門前払いする内容ではないようには思うんですけどね。
もちろん、村上氏も今回そこら辺を念頭に置いて提案したのではあるのでしょうけど、残念ながら現状では最初の行動に投機的側面が強すぎる(ような報道がなされている)ために、ファンも含めた反発を買っているというのが正直なところなんでしょう。
結果的には、昨年の近鉄・オリックス合併騒動ほどの一般市民の支持を得られず、当面は阪神タイガースの上場は断念、ということになりそうな気はしますね。

ところで、今日のNHK週刊こどもニュースでもこの一件を取り上げていたんだけど、投資ファンドの仕組み、さらには村上ファンドの特質をうまくとりまとめていて、いやぁやっぱこの番組ただ者じゃないわ、と実感した次第です。
投資ファンドって何?ってきかれても、正直なところ簡潔かつて季節に答えられる人ってほとんどいないだろうと思うんですけど、模型まで使ってかなりわかりやすく仕上げていたな、と。しかも、一般的な(純然たる投機判断だけで動く)投資ファンドと、「物言う株主」で、投資対象に直接意見することで株価を操作しようとする村上ファンドとの違いがかなり簡潔に表現されていたのがすごいな、と。
やっぱり、たまにはチェックを入れておいた方が良さそうな感じです。

【追記】
それにしても、阪神電鉄と村上ファンドとの対決姿勢をあおろうとするマスコミの報道姿勢を見ていると、相変わらずというか、やっぱりマスコミにとって、他人のけんかは蜜の味ってことなんでしょうかねぇ…

【追記:10/11】
阪神社長と村上氏のトップ会談が行われて、村上氏は「タイガース持ち株会社の上場が是か非かファンに聞いてみたい」とぶちあげましたな。ファンを取り込みたいという気持ちはわかるんだけれども、昨年の近鉄の騒動と根本的に違うのは、当事者である球団が窮地に追い込まれているか否かということだけなんでしょう、きっと。
今の状態でファンに愛されているタイガースであれば、タイガースそのものが投機の対象になることに危惧を覚えるファンの方が多いような気がしますな、確かに。
もっとも、村上氏のねらいはタイガースだけではなくて、むしろ阪神の持つ固定資産に野が向いているとは思うんですけど…

« 「のまネコ騒動」から見えてくるもの | トップページ | 影の薄くなった「郵政民営化」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15366/6311129

この記事へのトラックバック一覧です: 村上ファンドは阪神タイガースを上場できるか:

« 「のまネコ騒動」から見えてくるもの | トップページ | 影の薄くなった「郵政民営化」 »