最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

« 「旧日本兵」事件にマスコミの興味を尋ねてみる | トップページ | いじめられる側の感覚、いじめる側の感覚 »

2005/05/30

実名と匿名と仮名と

あちこちのブログで「実名と匿名」論がいろいろと語られています。
私も以前の記事で匿名記事の信憑性みたいなものについて考えてみた(というか、軽く触れてみた)のですけど、他の方々のご意見を参考にもう少し深くつっこんでみたいと思います。
(本当はもう少し早く書いた方がよかったのかもしれませんけど、一週間ほど研修でネットの全く使えない環境にいたので反応が遅くなりました。ちなみに今朝の記事はとりあえず旬の話題(?)ということで…)

まず、実名の署名入りで記事を書いたり、あるいは何かものを書くということは、個人が特定されているというそのこと自体が自分自身の考え方を表明するすべであり、批判を受けるときは真っ向から批判を受けるという状況を考えると、自分の考え方についてじっくりと反芻をするようになるだろうと思われるのがまず思い当たる点です。
松岡美樹さんなどはこれを「世間体」という表現で表しているようですが、自分自身としては世間体は(何割かの要素はあるものの)個々人が自分の意見を言えるようになった現在では、世間体だけでは語れない部分もあるのかな、と。
著名ブログの「炎上」の発火点もこの辺に一端があるような気はするんですけどね。

逆に、これが匿名の記事、あるいはネットでのコメントとなると、明らかに脊髄反射系のものが増えるように感じるんですよね。
ここで脊髄反射的系というのは、もう少しわかりやすく書くと「感情の赴くまま」とでもなるのでしょうか、誰かの意見にかちんと来る部分があったら(あるいは、ほんのちょっとでも気に入らない部分があったら)真っ向から罵倒し、とにかく否定する。それが論理的かどうかは全く関係なく否定できればそれですっきり出来る…といった辺りでしょうか。
2chなんかで「板が荒れやすい」一端になっているのも、こういった条件と行動に基づく部分もあるのかな、と。

ではここで、「実名」でも「匿名」でもない「仮名」の場合はどうなのだろうか、と。
(念のため書きますが、この場合の「仮名」とはいわゆるコテハンのことで、「AAA」とか「名無しさん」なんていうのは仮名ではなく匿名の部類にはいると考えています)

匿名ではないのでコメントには責任を負う傾向は強くなると思います。
実際、あまり無責任な発言は見ないようにも思いますし。
ただ、その一方で本名ではないので、自分の考えた事を割とストレートに出しやすいという状況にはなりやすいのかなという気もしています。
だから罵倒一辺倒にもならず、かといって当たり障りなくということにも落ち着かず、それなりにおもしろい記事が読めるのかなぁという気もするんですね。

かくいう自分も、仮名(というかハンドルネーム)を長年にわたって使い続けているんですけど、建前ではない本音に近い(でも感情的な意見ではない)記事をこれからも書ける範囲で書いていこうかなと考える次第なんですが。

« 「旧日本兵」事件にマスコミの興味を尋ねてみる | トップページ | いじめられる側の感覚、いじめる側の感覚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15366/4345934

この記事へのトラックバック一覧です: 実名と匿名と仮名と:

» 匿名・実名について [テサラックのあいだ]
随分多くの方々が「匿名・実名」について考察されています。あちらこちらでまとめがはじまっていますが、かなり遅ればせながらも考えたことを書いておくことにします。トラックバックもいただいておりましたので。 私は、ネット上の匿名を考えるとき『旅の恥はかき捨て』と..... [続きを読む]

» 遅刻の上ちょびっとだけ:私にとって匿名実名 [猫手企画@新聞屋]
ブログの匿名実名論争にすっかり乗り遅れたので、ちょびっとだけでお茶を濁します。 基本的に好きにすればぁ、というスタンス。私は一応匿名ですが、社名などの属性を出してしまっているわけで、実名とほぼ変わりません。調べようと思えばすぐに見つかりますし、今更引っ込める理由もなく、今に至ります。むしろ私の雑記帳を見に来られる方は、佐賀新聞社員だからなんかメディアの内側の話しが聞けそうだ、と思ってやってくるわけで、私自身の威光やフェロモンで寄ってくるわけではありませんw つまり実名よりもその属性が重要視され... [続きを読む]

» 【匿名論争始末記】トラックバックスパムと議論の「呼びかけ機能」のあやうい関係 [すちゃらかな日常 松岡美樹]
 匿名・実名論争では、ひとりでも多くの方に議論を呼びかけるため、私はスパムチックなトラックバックの使い方をした。批判を覚悟の狼藉だったが、幸い趣旨に賛同していただけ、たくさんのトラバと有意義なコメントを頂戴した。ブログが議論を喚起する力にはまったく脱帽だ。  私のたくらみの趣旨と経緯については、ニュースサイトの「RBB TODAY」で私が連載しているコラムにくわしく書いた。もしご興味のある方は、そちらもあ... [続きを読む]

« 「旧日本兵」事件にマスコミの興味を尋ねてみる | トップページ | いじめられる側の感覚、いじめる側の感覚 »