最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

« なんのための「納税番付」だったのか? | トップページ | 「旧日本兵」事件にマスコミの興味を尋ねてみる »

2005/05/21

読み間違えるとかなり怖いオリエンタルランドの一件

東京ディズニーリゾートを経営するオリエンタルランド(OLC)が、右翼団体と関わりが深いとされる企業に本社社屋の清掃業務を長年にわたり委託しつづけていたという件が伝わってきています。
西武グループの総会屋事件やJR福知山線の事件と比べるとかなり地味目な取り扱いなのも気になりますが(確かにこの一件で誰かが逮捕されたとか誰かが亡くなったという事がないので取り扱い方が微妙にならざるを得ないのかもしれませんけど)それでもペーパーメディアがほぼ毎日報道している内容を見るに付け、いろんな意味で読み間違いが発生しやすい状況に陥っているなという危惧を覚えるところです。

まず、この件に関して事件性があるか否かという事。
各メディアの第一報から今までを見ていると、結局何を問題にしたいのかというのがピントが微妙にずれているような気がしてならないんですよね。
とりあえずこの件に関してわかっている事を列挙すると、

  • OLCが本社ビルなどの清掃業務を地元の「中央興発」という企業に対し、長年随意契約を続けていた

  • 「中央興発」は以前、右翼団体幹部の実兄が代表取締役、長男が役員だった。

  • その右翼団体幹部は指定暴力団の元最高顧問だった

  • 「中央興発」は現在、右翼団体幹部とOLCの元会長(故人)が発起人となって設立した建設会社の監査役が兼務している

  • 「中央興発」は受注した業務を大手ビルメンテナンス会社に“丸投げ”し、受注代金の約4割を手数料などとして受け取っていたと推測される。

  • と、いったあたりかと。

    で、よくよく見てみると、この中で批判を受けるべき点はどこかということになるのですけど

  • 随意契約そのもの:民間同士の取引なので問題なし

  • 右翼団体幹部の関連企業:恐喝的に不当な契約を結んでいればともかく、価格としては比較的妥当な線のようで、基本的には問題がないはず(そうでないと、思想信条で契約に影響するということになるのは逆にいかがかと)

  • 暴力団の元顧問:今のところ暴力団と直接関わりがあるわけではないが、グレーゾーンである可能性は否定できない

  • 現在の社長:これも(この点だけを考えれば)基本的には問題が少ない

  • 業務の丸投げ:本来追求されるとすればここではないかと(とはいえ、民民の取引なので深くは追求できないが)

  • 辺りになるような気がするのですけど、マスコミが問題視しているのはほとんど2番目と3番目ばかりですよね。
    右翼団体と暴力団が結びついていることが多いと思われるのはまあ確かだとしても、右翼団体だけで反応するのはいかがなものかと。(そういえば、マスコミに右翼団体が怒鳴り込まれるという事件が結構ありましたっけ)

    というか、電波系のマスコミがことごとく及び腰になっているのが非常に気になるところです。
    たしかに、いままでイベント事に生中継を行ってほとんどただでTDLの宣伝を繰り返してきたのが、いきなり手のひらを返すかのごとく追求報道を繰り返せば何考えてるんだ?ってことにはなるんだろうけど、それにしてもあまりにもあっさりしすぎ。軟化別の要因があるんじゃねぇかって勘ぐりたくなってしまうんですがね。

    これからも、大きな事件があるたびに、マスコミによる記事の取捨選択が行われてしまうんですかねぇ…

    « なんのための「納税番付」だったのか? | トップページ | 「旧日本兵」事件にマスコミの興味を尋ねてみる »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15366/4221480

    この記事へのトラックバック一覧です: 読み間違えるとかなり怖いオリエンタルランドの一件:

    « なんのための「納税番付」だったのか? | トップページ | 「旧日本兵」事件にマスコミの興味を尋ねてみる »