最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

« イラク邦人拘束報道に見る妙なバランス感 | トップページ | なんのための「納税番付」だったのか? »

2005/05/14

JR事故報道に見る「責任者出てこい!」的姿勢

そろそろマスコミの方に飽きが出始めているように見える(というか今までが異常だったともいえるんですけど)JR西日本福知山線の事故報道ですが、昨日から今日にかけて象徴的な報道内容が3つほどあったので触れておきます。

一つめは、記者会見で感情的な発言(というか罵声)を浴びせかけていた新聞記者について、週刊誌報道を受けて新聞社(読売新聞だったようですが)が謝罪記事を載せたという件。
二つめは、信楽高原鉄道(SKR)で発生した列車衝突事故から14年目に当たる日に、JR西日本の南谷会長が献花に訪れた際の報道に関する件。
三つ目が、事故の列車に乗り合わせた出勤途中の運転士、さらには事故列車の車掌の手記というかインタビューが新聞週刊誌に掲載されたという件です。

で、一つめ。
確かにこの記者(週刊誌などでは「ヒゲの傲慢記者」などと書いていましたけど)の態度はいかがなものかという面は当然のごとく否定できないものです。批判は甘んじて受けるべきではないかと。
ただ敢えてここで問いたい。
他の記者は本当に紳士的な態度で接していたのか?ということ。
この件に関しては朝日とか産経とかも伝えてはいますけど、完全に他人事モード。毎日辺りがやや詳しく伝えてはいるけど、「JRから具体的説明なかったから」と、JRに責任の一端を押しつける始末。
で、もっとびっくりしたのが、これらが昨日の記事(ちなみに読売で掲載されたのはおととい)にもかかわらず、直リンクでこれらの記事にたどり着けなかった、ということ。どの新聞のサイトも「JR脱線事故」の特設カテゴリがあるにもかかわらず、これの中に入っていないということなんですよね。つまりは(個人的推測ですけど)事件の周辺情報であっても、自分たちのしでかした不始末は事件とは全く別問題で、しかもこれは記者個人の問題である、と…そう扱いたいように見えてしまうんですよ。

二つめの件。
ネット上では一部にSKRの事故とリンクする向きもありましたけどこの事故と今回の事故と一緒に扱うのは個人的には微妙な違和感を感じずにはいられないんですよね。確かに根底としてJR西日本の安全軽視ともとれる車内風土があったという見方はありますけど、きちんと調べればSKRの事故の場合は事故の主たる要因はSKRの運転管理と安全装置の運用不備にあるという話はわかるはずで、今回の事件とは本当は同列では扱いにくいのではないかと。ましてや過去13年の間、SKRの事故についてきちんと後追い取材したマスコミが一体どのくらいいるのか、と…
加えて、(例によって…といわざるを得ないのが余計に悲しいのですが)献花をする南谷会長に罵声を浴びせる(SKR事故の)遺族、という構図を撮ろうとするマスコミの姿勢に、怒りを通り越して情けなさすら感じる次第で…

さらに三つ目の件。
事故からまだ一ヶ月が経たない状況で、それこそ遺族や周囲の人々の心の傷が全然癒えないと自ら報道しているそばから、わざわざ事故の当事者(出勤途中の運転士は厳密には当事者ではないですけど、報道の中では当事者に祭り上げられてしまっていますよね)が公開を前提に自ら手記を書いて報道機関に送るなんて事をするとはちょっと思えないんですよね、正直な話。
週刊文春の態度はもはや論評するのもばかばかしくなってしまうほどですけど、読売新聞にしてもどういういきさつで手記を寄せてもらったのか、一度聞いてみたいものですけどね。

で、これらに共通して見え隠れする、あるいはこういった事故事件報道で見え隠れするのが、マスコミの「責任者出てこい!」的な姿勢なんですよね。事件事故の捜査をする権限があるわけでもないのに、あたかも社会正義の元では何を調べても、何をやっても許されるかのごとき振る舞いは、「普通に考えたらそんなこと出来ないでしょ?」って聞きたくなることの方が圧倒的に多いはずなんですけどね。
責任者をつるし上げればすべてが解決するのか、あるいは個人にすべての責を負わせることが本当に出来るのか、そういったことを検証しないである種感情にまかせて動いているように見えるのが、報道の受け手側としての我々の態度も含めて非常に心苦しく思えることが多々あるんですよ。
解決策を見いだせない批判は、単なるヤジ以外の何者でもない、ということを、報道機関の方々にもお願いしたいと同時に、報道の受け手側の我々も肝に銘ずる必要があるような気がします。

« イラク邦人拘束報道に見る妙なバランス感 | トップページ | なんのための「納税番付」だったのか? »

コメント

手短に3点ほど。
1)読売は外部からの批判があってはじめて気付いたのだろうか?
2)TBSのコラム問題も同程度の厳しさで追及したらどうなんだろう。
3)なお、私が読んでいるblogには「質問前に名前を言わせればよいのでは」という意見もありました。

私のblogでdaveさんの一連の記事を紹介してもよいでしょうか。

>ひざがわりさん:

質問前に名前を言わせるという「ルール」を作っても、その「ルール」が守れない(というより、守らない方が特ダネが拾える…と考えている)のが報道記者のように見えますね。
実際には質問する相手に自分の名前(あるいは社名)を名乗るのは基本的ルールだと思うんですが。

あ、記事のご紹介、かまいませんのでどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15366/4124592

この記事へのトラックバック一覧です: JR事故報道に見る「責任者出てこい!」的姿勢:

» 不適切発言でおわび…読売・大阪本社 ←本当に反省しとるんかい!! [JIROの独断的日記ココログ版]
◆記事:脱線事故会見巡る不適切発言でおわび…読売・大阪本社   読売新聞大阪本社 [続きを読む]

« イラク邦人拘束報道に見る妙なバランス感 | トップページ | なんのための「納税番付」だったのか? »