最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

« ニッポン放送騒動の「総括みたいなもの」(メディア論編) | トップページ | 列車脱線事故に見る、必要とされる情報の密度 »

2005/04/17

ニュースソースの匿名性について

年度またぎのばたばたがありましてかなり間が開いてしまいました。
各ブログなどのエイプリルフールネタとか、食いつきたいネタが多々あったのですけど、なんだかんだでやっと落ち着きを取り戻せたっぽいかなと云うのがというところでとりあえず記事を更新しておきます。

さて、人気ブロガーの「ガ島通信」さんが新聞社を辞められたのを期に本名を公表して、しかも日経BPのサイト上で連載をはじめたということになっていました。
ガ島通信さんというと、最近とみにエントリーごとに自分のスタンスをかなりはっきりさせる事が多く、そのスタンスに対してかなりの賛否両論が寄せられるようになっていますが、ガ島通信さんに限らずその賛否両論の中に明らかに匿名での書き捨てのコメントがかなり散見されるのが、個人的には少々気になっています。

2chが一般に認知されるようになってからも思っていたことなのですが、匿名だと自分の思っていることを何の後ろめたさもなくはき出せるというメリットもある反面、自分の発言に責任を持たないために嫌がらせ同然の行為も可能になるというデメリットも兼ね備えていると感じることが多いからなんですよね。

かつて一世を風靡していたニフティのTTY掲示板あるいはフォーラムの場合、どんなに匿名のコメントを書こうとしても、IDという発言した個人を特定できる材料があったことから、それほど暴論が出回ると云うこともなかったですし、書き捨てのコメントも一過性のものだったように記憶しています。
しかし、2chでは事実上の完全匿名を実現し、なおかつそれを標準仕様としてしまったために、(ハンドル名であっても)自分の名を名乗らずに書き捨て(あるいは煽り)のコメントを入れる例というのがインターネットの世界で今や一般化しつつあるのかな…などと、ちょっと考えてしまいそうになるんですけどね。

とはいえ、匿名情報により書き捨て記事にする、あるいは煽りを加える手法というのはペーパーメディア(新聞や雑誌)のゴシップ記事に昔から見えていた話でして、やたらと「関係者の話」とか、もっとひどいのになると「事情通の談話」とか、発言以前に本当にそういう人が存在するのかすらかなり怪しい状況に陥ることもしばしば起こっていたように思うんですね。
ライブドア・フジテレビ関連の話題になってしまいますが、ライブドアとフジテレビが和解に動きそうだという情報が流れる中で、ここのところ具体的な意見を言っているのがフジテレビの「関係者」なる人物。当然のごとくフジテレビ当事者面していろいろとまくし立てているようですけど、結局はフジテレビ側に立った見方しかできていないし、メディアもそれをほとんど無条件に流している。
確かにこういう水面下の動きというのは情報が乏しいのはわからないでもないですが、こういうところで記事の流し方が一方的になってしまうのはかなりの拒絶感を感じずにはいられないかな、と。

匿名記事はある程度眉唾だよ、ということが一般にもっともっと浸透すればいいのでしょうけど、そういうところに行き着くにはもうちょっと時間がかかるのかなぁ…と漠然と考えてしまう今日この頃です。

« ニッポン放送騒動の「総括みたいなもの」(メディア論編) | トップページ | 列車脱線事故に見る、必要とされる情報の密度 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15366/3734311

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースソースの匿名性について:

« ニッポン放送騒動の「総括みたいなもの」(メディア論編) | トップページ | 列車脱線事故に見る、必要とされる情報の密度 »