最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

« ニッポン放送新株予約権大量発行(新聞読み比べ) | トップページ | いまさら竹島問題 »

2005/03/16

フジサンケイグループの「予定どおり」と「予定外」

というわけで、予想どおり「異議申し立て却下」となったニッポン放送の新株予約権発行ですが、これに平行する形でフジサンケイグループ側が様々な形の「対抗策」といいますか、「新たな動き」といいますか、いろいろと見せておりますね。

で、よくよく見てみると、これらの動きの中には、ライブドアがしゃしゃり出てこなくてもいずれやっていたであろうと思われるものがいくつか含まれているんですよね。つまり「当初の予定どおり」の動きと、そうではない「当初の予定外」の動きがあるということです。

一番「予定どおり」なんだろうな、と思わせたのが、ポニーキャニオンをはじめとするニッポン放送子会社のフジテレビへの事実上の売却の動き。各種報道では「焦土作戦」などとはやし立てて、ライブドアの買収意欲をそぐための最後にして最大の対抗策だ、などと書き連ねています(もちろん、今となっては何%かはその意図が含まれているでしょう)が、私はこの話は今になって思いついた話ではないのではないかと考えています。

というのも、フジテレビがニッポン放送を子会社化出来たと仮定するならば、その時点でポニーキャニオンなどニッポン放送の子会社は、現在の「フジテレビの兄弟会社」との位置づけから「フジテレビの孫会社」という位置づけに変わることになります。で、グループの中でも高い収益を誇るポニーキャニオンあたりの優良企業がグループの孫会社というのは、(企業グループのトップの会社がいわゆる「持ち株会社」でもない限りに於いては)位置づけとしてはいささかいびつな形となってしまうように見えるんですよ。しかも、今やフジテレビが自ら語っているように「フジテレビとのシームレスな関係」によってある程度の収益を上げているとなれば、なおのことですよね。
ですから、ニッポン放送の子会社群は、原則としてフジテレビの子会社化させて、グループの中核企業となるフジテレビとの関係を強化しようという思想が(ニッポン放送子会社化計画の持ち上がった)最初からあっても全然おかしくない、むしろその方が自然な考え方だと思うのですけど、どうなんでしょうね?

逆に「当初の予定外」の対抗策と思われるのが(極めて思いつき度の高い新株予約権の大量発行を別にすれば)フジテレビ株の増配でしょうか。
実はこれ、数々の対抗策の中でも市場に対してもっともまっとうな対抗策である(そりゃそうでしょう、株主に対する自社株の価値を高めようとする動きなんですから)反面、逆に言えばフジテレビは最初の段階ではそこまでの高い配当を全く考えていなかった(ちょっときつい言い換えをするならば、株主に対してその程度の配当で十分だと考えていた)という考え方も出来て、すなわちフジにとっては予定外の対抗策だったのかな、と。

ライブドアが市場の動向に対して(グレーゾーンはあるものの)比較的まっとうな方策を打ち出しているのに対して、奇手の多かったフジサンケイグループ側。堀江社長は自らニッポン放送に乗り込む姿勢を示して逆にニッポン放送の社員たちを戦々恐々とさせていますけど、果たしてどういう結末を迎えるんでしょうね…

« ニッポン放送新株予約権大量発行(新聞読み比べ) | トップページ | いまさら竹島問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15366/3326775

この記事へのトラックバック一覧です: フジサンケイグループの「予定どおり」と「予定外」:

« ニッポン放送新株予約権大量発行(新聞読み比べ) | トップページ | いまさら竹島問題 »