最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

« インターネットがメディアの主役に躍り出るために必要な事 | トップページ | ニュース・エンターテイメント »

2005/03/09

堀江社長へのインタビューを見て

というわけで、フジテレビのニッポン放送株TOBが予想通り成立したということで…
(そりゃまあTOB目標が「最低限レベル」の25%だったら、現在のフジテレビの立場からいえば成立しない方がまずいでしょう)

で、これまたある程度予想されたことではあるのですが、堀江社長への生インタビューが各社横並び(笑)で行われた訳ですが、これまた各社のカラーが出ていてなかなかおもしろかったですな。
※ちなみに、テレビ朝日系「報道ステーション」はうっかり見逃し。
 フジテレビ系「ニュースJAPAN」は…たぶん無視だったんでしょう(詳細には見ていないですが)

NHK「ニュース10」は例によって中立性を重視した無難な、しかしシンプル且つ要点をついた質問を繰り返していたような気がします。
全体的な印象も、一番当たり障りがない内容だったかと。(逆に変に印象が残らなかったのも事実ですが)
敢えていえば、フジテレビとの「ニッポン放送共同経営論」を語っていた辺りが目新しかった点でしょうか。

日本テレビ系「今日の出来事」は、前回の同じ番組での失態(先入観ありありの質問攻めで堀江社長をかなり怒らせてまともな受け答えをしてもらえなかった)があったためか、あるいはライバル関係にあるフジテレビを攻めている立場から「敵の敵は味方」と判断したのか(苦笑)ライブドアの考える既存メディアとの融合論に比較的絞った内容。
堀江社長も、自分たちの主軸となる考えを存分に伝えてもらえるからということか、前回とうってかわって今日は妙に上機嫌なのが印象的。

TBS系「News23」はキャスター(インタビュアー)が筑紫哲也氏だったということもあって、ライブドアの既存メディア参入意向に絡めて、堀江社長の考える「パブリック・ジャーナリズム論」にかなり集中した質問内容。
筑紫氏もジャーナリストとしての自負があるのか、堀江氏の考え方を「(既存)ジャーナリズムの完全否定」と考えている節が伺えるようで、この辺りにかなり侃々諤々の議論が繰り返されていた具合。

で、最後(?)にテレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」
らしいといえばらしいのですが、報道機関云々を抜きに、企業の敵対的買収としての今後の動向に的を絞った質問。
「(ニッポン放送の)株式を手放すこともあり得ますか」などと、投資家が聞いたら耳をダンボにしそうな質問を何度も繰り返すのに、堀江社長も「仮定の話はしたくない」「自分が発したフレーズが一人歩きするのが怖い」とかなりうんざりした様子。疲れていたのかもしれないけど、見比べた中では一番不機嫌そうでした。

まあ、総じていえば、どのテレビ局も(フジによるTOB成立を受けて、という点では一致しているものの)インタビューの主たるテーマに据えていた部分が微妙に異なっていたので、全部をおしなべて聞いてみてようやく堀江社長の今考えているアウトラインがおぼろげながら見えてきたのかな、という気がしますね。
その中で、堀江社長が、どの局でも自社HPでの所信表明をアピールしまくっていたのには若干閉口気味ですけど。あそこって基本的に「会員専用」ですから…
フジテレビ(の日枝会長)も、報道を鵜呑みにして「テレビがなくなるなどといっている人とは話し合う余地がない」なんて繰り返していたら、了見が狭いといわれてイメージを下げる素ですぜ。

まあ、とりあえずは今週行われる(筈)の新株予約権発行差し止めに対する仮処分結果を待つ段階でしょうな。

【補足】
そういえば、今日の堀江社長、今までになく穏やかな表情でしたね。
あまりいらついているとテレビでは表情までとらえられてしまうので、表情の作り方もかなり意識したんではないかと考えていますが。

« インターネットがメディアの主役に躍り出るために必要な事 | トップページ | ニュース・エンターテイメント »

コメント

はじめまして、TBありがとうございます。
私は、某地方紙で営業関係の仕事をしておりますが、今回の一件大いに勉強になりました。ホリエモンから気合を入れてもらったというか…(笑)。今後ともよろしくお願いします。

はじめまして。コメントありがとうございました。
ガ島通信さん(なんだか、会社を辞められるそうですが…)のブログを見ていても思うのですけど、既存メディアの中にも、メディアのあり方とかメディア企業のあり方に一抹の不安を感じている人は決して少なくないんだろうと思います。
ちょうど公務員が、行政のあり方について懸念を持つ人が少なくない(であろう)ように…
何はともあれ、今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15366/3227020

この記事へのトラックバック一覧です: 堀江社長へのインタビューを見て:

» ありがとう!ホリエモン [テサラックのあいだ]
フジテレビは、ニッポン放送株の株式公開買い付け(TOB)で36.47%の株式を確保したことを発表しました。ライブドアが、ニッポン放送の新株予約券発行差し止めを求... [続きを読む]

« インターネットがメディアの主役に躍り出るために必要な事 | トップページ | ニュース・エンターテイメント »