最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

« ニュースの切り口(サッカーW杯アジア最終予選) | トップページ | 「メディア企業」か「報道機関」か(続・ライブドアの「戦略」) »

2005/02/12

マスメディアの「相対的優位」

ライブドアのニッポン放送株購入劇(私は今回の件は単純な「買収」ではないと思っていますので、こういう表現にしてあります。理由についてはまた後日)やら、NHKと朝日新聞の「対立」劇やらを見ていてつくづく思うことがあります。
今のマスメディアにとって、メディア自身が当事者として関わる記事の報道を行うときに、次の3つのパターンしかないように見えるということです。

 ・他のメディアと第三者との対立(あるいはメディア同士の対立)→ひたすら煽る
 ・他のメディア(あるいはその組織に属する人物)の不祥事→些細なことであっても徹底的に叩く
 ・自社メディアグループの対立または不祥事→簡潔に取り扱うか、基本的に無視する

うーん、なんか情けなくなりますね。
これでは客観報道を望んでも無理ということなんでしょうか。

まず、最初の点。
そもそも基本的にはどこかとどこかの組織(あるいは個人)が対立していたらそれを必要以上に煽るのが基本姿勢のようではあります(よくやってますよね、「○×バトル」とか「○○vs××」とか)。
「他人の不幸は蜜の味」とか「野次馬根性」などといいますけど、結局それを視聴者あるいは購読者が望んでいる、と考えているのでしょうか…(私なんかは、フィクションとして読む分には笑っていますけどね)
で、ここにメディアが加わってくるとその傾向が露骨になるような気がします。これでもしメディアが転べば、次の点…メディアを叩く…につなげることが出来るからではないかと邪推してしまいますけど。

で、次の点。
メディアそのものが組織的に犯した罪を非難されるのはしょうがないと思うのですが、メディアに属する人間の起こした不祥事(その多くはメディアのあり方と直接関係ない個人的不祥事だろうと思うのですが)を、ことさらに「メディアそのものが犯した罪」であるかのように強調するかのような報道姿勢が見られますね。
例えば奈良の幼児誘拐殺人事件の犯人紹介では、必ず肩書きに「毎日新聞の元配達員」って言葉がついて回りますよね。しかし、別に毎日新聞がその犯罪に関与していたわけではなく、また毎日新聞の配達員であることを犯人が利用したわけでもないわけですよ。これが通常の企業に属している人物であれば、きっと「元会社員」ぐらいで済んでいたと思うんですが。
メディア間の相互牽制による自浄努力と考えられればいい方にはとらえられるんですが、その相手メディアに悪いイメージを与えるがために個人的な私的犯罪を特定メディアが全体として犯した罪のごとくことさら強調して報道しているように見えてしまうのは、私だけなんでしょうかねぇ?

さらに最後の点。これが一番問題だと思うんですが…
例えば今回のライブドアによるニッポン放送の件。他のメディアの執拗な取材・報道(これもやたらと対立を煽るという第一項に当てはまりますよね)もいささか食傷気味ではありますが、等のフジテレビが夜のメインニュースである「News JAPAN」でも、第一報以降(これも事実関係のみの報道でしたが)は、事実関係やフジテレビ関係者のコメントすら伝えないというのは、逆に不自然きわまりないのかな、と。
でも、これは何もフジテレビに限ったことではなく、他のメディアグループでもよく行われている(朝日新聞も、最初は紙面2面を使って自社の主張を伝えていましたが、今は事実関係をごくごく簡単に伝えているだけ)ことで、基本的に唯一の例外が(「公平性」を全面的に押し出さざるを得ない)公共放送のNHKかな、と。

こういう状況を見ていると、マスメディアが基本的に自分たちの世界の中で「相対的優位」を保とうとする事に執念を燃やしているようにしか見えなくなっちゃうんですよね。(テレビでも、いまだに高視聴率とかをことさら大げさに伝えたりしている状態ですし)
だから、今回のライブドアとか、かつてのソフトバンク(&マードック氏)などのように完全に外部の世界からメディア業界に乗り込んでくるものが現れると、自分たちの立場が「相対的優位」であっても「絶対的優位」ではないために、強烈な防御本能が働くというか、拒絶反応が前面に現れますよね。
こういうのを見ていると、「三菱ふそうには体質的な問題がある」だとか「社会保険庁は解体が避けられない」だとか「公務員の厚遇は許せない」などと報道されても、じゃあ自分たちマスメディア自身はどうなのよ?って言いたくなっちゃうんですよ。
こういう部分からマスコミへの嫌悪感が現れるということを少しは理解してほしいなぁと思う、マスコミ外部の人間の意見だったりするのです。

【補足】
新規記事(エントリー)にするほどでもないと思ったので、この記事の補足でまとめます。
上記の本文を書いた直後に「NHK、生中継か録画放送かで迷走=審判「朝日新聞」ロゴで-ラグビー日本選手権」いうニュースが流れてきたんですが、このあと、"NHKvs朝日新聞"に絡めたマスコミの煽り記事が増えてくるんでしょうね、きっと。
私は単に、日本ラグビー協会とNHKの協定違反に基づく抗議のための措置とその撤回でしかなくて、これが仮に朝日ではなくて毎日や読売だったとしても同じ経緯をたどっただろうと考えているんですけどねぇ、どう思います?

« ニュースの切り口(サッカーW杯アジア最終予選) | トップページ | 「メディア企業」か「報道機関」か(続・ライブドアの「戦略」) »

コメント

ごぶさたです。
煽りはどこでもあるなあ、と思っています(例:単にしゃべっただけなのに芸能ニュースのタイトルが「激白」)。
「元配達員」の件、DAVEさんのおっしゃる通りであるとともに、やたらと肩書き・所属でまとめることへの違和感を再認識しています。特に、当時の肩書きでないものを付けるのは何なのでしょうね。

こちらこそご無沙汰です。
まあ、ワイドショーの場合はネタをふくらませてなんぼの世界ですから(笑)、ドラマか何かの類だと思えばさして気にはならないかな、と。
(ある意味、東スポの見出しと似たようなレベルともいえるかも)
「元配達員」の場合、あちこちで新聞配達員をやっていたのが一つの要因になっているのかもしれませんね。もっとも、業務上の犯罪でない事について肩書きを語るのはいかがなものかというのは同感ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15366/2895889

この記事へのトラックバック一覧です: マスメディアの「相対的優位」:

» NHKの企業名報道について [ガ島通信]
ホームページ制作 NHKが審判の胸に朝日新聞のロゴが付いていることに腹を立て→日本ラグビー選手権大会の生中継を中止にしようと思って→抗... [続きを読む]

« ニュースの切り口(サッカーW杯アジア最終予選) | トップページ | 「メディア企業」か「報道機関」か(続・ライブドアの「戦略」) »