最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

« グループワーク(1月11日分) | トップページ | ご挨拶 »

2005/01/22

NHKと朝日新聞(1月19日分)

これまで静観していたけど、なんというか、泥仕合の様相を呈してきましたなぁ。

自分が見るに(かなり穿った見方ですけど)朝日新聞的には
・政治家の圧力で番組を改編した=NHKが悪い
・公共放送の番組内容に事前に圧力をかけた=政治家も悪い
と、両方を一挙にたたけると思って願ったり叶ったりだったのかもしれませんけど、どうも大手マスコミお得意の「結論ありきで作り始めた記事」だったのが結果的にバレバレになりつつあるというあたりなんでしょうか。
(政治家とNHKが嘘をついているという見方もあるかもしれませんけど、NHKの現役プロデューサーの会見内容を照査すると、今回はどうも朝日の分が悪そうですぜ)

それにしてもおかしいのは、その他の新聞記事。(もちろん、全部電子版ですけど)
当事者の朝日はさておいて、毎日と読売が当たらず障らずというか、基本的に事実関係のみの報道。産経はさすがに「そもそもあの番組(従軍慰安婦の民間裁判をあつかった番組らしい)が…」などと、かなり(反朝日的に)つっこんだ記事になっているわけですよ。

これを見るにつけ、やっぱりペーパーメディアは1つだけを読んでいたら、怖いよなぁ…と思う次第なんですわ、やっぱり。

P.S.報道の中立性云々の話は、また機会があれば。

« グループワーク(1月11日分) | トップページ | ご挨拶 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15366/2658034

この記事へのトラックバック一覧です: NHKと朝日新聞(1月19日分):

« グループワーク(1月11日分) | トップページ | ご挨拶 »